HOME > リトミックぽっぷの方針

リトミックぽっぷの方針

1.リトミックは幸せな瞬間を味わう為の体験であってほしい

concept_p01.jpg

「私達が音楽や芸術を学ぶのは、幸せになるため」
芸術評論家のハーバート・リードはそのように語っています。
音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズは「一人ひとりの感性をみがき、心身の調和的な発達を促す」ためにリトミックを提唱しました。リトミックでは、一人ひとりの成長を育み、しあわせな瞬間を味わうために体験されるものと考えてます。

ひとりの子は音楽的センスを味わう為、ひとりの子は音楽する喜びを味わう為、またひとり子は音楽をとおしてコミュニケーションを楽しむ為に、リトミックを体験して幸せな瞬間を味わって貰えるように心がけし、楽しむことで音楽が楽しいものであってほしい親子レッスンを行っています。

2.知っている→体験した!!の自信に満ち溢れる子供達

concept_p02.jpg

リトミックは、「音楽によって自己実現を果たすための空間」と考えています。そこでは「何かを知っている」より「体験した」「感じる」ことが重要です。そのためには、だんだん変化する音楽を聴きながら、その変化の動きで応答する「身体で表現する」ことが大切だといわれています。

耳はもちろん・目・身体の全部を使って「感じる」そんなレッスンを行っています。

「物怖じする」そんな子も経験や体験がないだけ。

レッスンで沢山いろんな経験をして、自信に満ち溢れる子供達を育てていきます。

3.ひとりひとりの感覚を大切に育みたい!!

concept_p03.jpg

リトミックは音楽と動きを融合した教授法です。
音楽を音楽だけで完結するのではなく運動的・言語的に結びつけることが重要とされています。

感情は動きや言葉を導くのと同じで、音楽も同様だと思います。音楽を表現するときは自然と動きや言葉で表したくなるものですよね。

ぽっぷでは、音楽、動き、言葉で「表現」する気持ちを高めます。
では簡単に、リトミックでどんなことが育まれるのかを少しあげてみますね。

  • 集中力
  • 注意力
  • コントロール
  • 記憶
  • 空間認識
  • 体の認識
  • 他人との接触
  • 責任感
  • 社会性
  • 想像性
  • 感受性
  • 個性
  • 音楽性
  • 運動の整合
  • 表現力

といったように沢山ありますが、これもほんの一部です。
もちろん将来、他の芸術や生活においても 今行っているレッスンが発揮されてくるときがくるでしょう。

そして、ぽっぷが目指す1つの目的としても「子供たちの能力を目覚めさせたい」と大きなテーマがあります。

このページのトップへ